十字
十字

京友禅の生地なら手描き京友禅のspecialty shop(専門店)【富宏染工株式会社】~代表的な帯の種類~

京友禅の生地を専門店で購入されたい方は【富宏染工株式会社】が運営する店舗へ

京友禅の生地を専門店で購入されたい方は【富宏染工株式会社】が運営する店舗へ

【富宏染工株式会社】は、京都市中京区にあります手描き京友禅の専門店です。2018年秋に、京友禅の生地を取り扱うブランドをオープン予定です。

京友禅の生地で「自分だけのオリジナルを作りたい」という方に最適です。

京友禅の生地を扱う店舗をお探しでしたら、【富宏染工株式会社】へお越しください。

オープンのお知らせをご希望の方はメール tomihiro@smile.ocn.ne.jp にご連絡ください。

独特の色柄の友禅が大人気

独特の色柄の友禅が大人気

【富宏染工株式会社】では、着物や帯の他、京友禅の小物も取り揃えております。クラッチバッグやジュエリーポーチ、袱紗、タンブラー、名刺入れ、ペンケースなど種類も豊富です。

バッグや小物もすべて手描き京友禅の着物を制作している職人の手で作られており、瑞雲のような縁起の良い模様が入った小物は、ご自分用としてはもちろん、贈り物としても人気です。京都の伝統工芸品、京友禅の商品を大切な人へのプレゼントにいかがでしょうか。

着物やシーンによって変わる帯のコーディネートと和装小物

着物と同様、帯にも様々な種類があります。着物を着る際、「どの帯が適しているのかしら…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

袋帯

袋帯は正装用として最も使われている帯です。帯幅は八寸二分(約31cm)、長さは約4m20~30cm以上あり、一般的に結婚式や成人式などの正礼装や訪問着に用いられます。

名古屋帯

仕立てる前の幅が九寸(約34cm)であることから九寸名古屋とも言われ、袋帯の次に格式のある帯です。仕立てる際に帯芯を入れない八寸タイプもあり、袋なごや帯とも言われます。セミフォーマルやカジュアルな着物に合わせるのが一般的とされています。

和装小物

帯揚げ。帯枕にかけて使います。素材や色柄が豊富で、絞り染め、友禅染、ぼかし染めなど様々です。帯締め組み方によって様々なデザインが生まれます。「平打ち」「丸組」が代表的です。

その他には、長襦袢・半襟、足袋、草履、伊達締め・腰紐・帯枕・帯板、肌襦袢、などがあります。ご希望があれば、こうした小物類もご用意いたしますのでどうぞお申し付けください。

京友禅の生地を扱う【富宏染工株式会社】

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/