十字
十字

京友禅の生地で着物を仕立てるなら手描き京友禅の販売店へ~着物と通過儀礼について~

手描き京友禅の販売店をお探しの方へ~京友禅の生地を用いて着物を仕立てる【富宏染工株式会社】~

手描き京友禅の販売店をお探しの方へ~京友禅の生地を用いて着物を仕立てる【富宏染工株式会社】~

京友禅生地で着物を仕立てたいとお考えでしたら、【富宏染工株式会社】にお越しください。手描き京友禅のスペシャリストとして販売店を運営している他、オンラインでも対応可能です。

京友禅生地の着物や帯、またオーダーメイドで着物をお作りすることもできます。お仕立てをご希望の方もお気軽にお申し付けください。生地やお仕立てについてのお問い合わせは、お電話もしくはメールで承っております。

手描き京友禅のメーカー【富宏染工株式会社】が展開している「RITOFU」の魅力

手描き京友禅のメーカー【富宏染工株式会社】が展開している「RITOFU」の魅力

手描き京友禅のメーカー【富宏染工株式会社】では、「RITOFU」ブランドを展開しております。永きにわたり京都で引き継がれる、日本の美意識が凝縮された京友禅の技を今のスタイルでお届けするオリジナルブランドです。京都の四季の姿、はかなくも美しいものたちを、独自の色使いや世界観で表現しています。

繊細なグラデーションや伝統の模様は、現代の女性をさらに美しく輝かせます。新ブランドでは生地の計り売り展開を予定しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

京都では長い歳月の中で「きもの」という文化を、人から人へ大切に伝えてきたまちです。 私たちは伝統を踏襲しながら時代にあった洗練や創造性をもって 引き継いでいきたいと考えております。

通過儀礼と着物について

人の一生にはいくつかの節目があり、節目ごとに儀式が行われます。儀式の始まりは奈良時代からと言われています。

宮参り

無事に出産を終えたことに対するお礼と健やかに育つ願いを込めて、氏神様などに母子ともども参詣します。生後1ヶ月目に行うことが多く、祖母が赤ちゃんを抱いて母親と一緒にお参りします。

七五三・十三参り

七五三・十三参り

3歳の祝いは「髪置の儀」、5歳の祝いは「袴着の儀」、7歳の祝いは「帯解の儀」が原型になったものです。11月15日を中心に社寺にお参りします。

十三参りは安永2年に京都嵐山の法輪寺で行われたのが始まりと言われています。女子の初めての厄年になることから、厄除けや智慧、健康な心身を授けていただこうと願う儀式です。現在では4月13日前後に十三参りの法要が行われています。

成人式

成人式

成人式は昔の元服にあたります。元服は奈良時代に始められたと言われ、1月15日になったのは、「元服」が宮中や公家では1月5日までに、武家では11日に鏡開の後に行われたので、それを避けた元旦に近い日ということで決められたようです。

振袖は若さや瑞々しさ、大人へと羽ばたく美しさを象徴した日本の民族衣装と言われ、成人式は両親や祖父母、家族とともにその成長をお祝いする日でもあります。

京友禅の生地を扱う【富宏染工株式会社】

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/