十字
十字

京都でオーダーメイド商品をお祝いに贈るなら~和装着用時の美しい所作について~

京都でオーダーメイド商品をお祝いとして贈るなら袱紗・アクセサリーを扱う【富宏染工株式会社】へ

京都でオーダーメイド商品をお祝いとして贈るなら袱紗・アクセサリーを扱う【富宏染工株式会社】へ

京都でオーダーメイド商品をお祝いに贈りたいとお考えでしたら、【富宏染工株式会社】へご依頼ください。着物や帯のお誂えも、豊富な色や柄の資料をもとに京友禅のスペシャリストがご希望を伺いながらお作りします。

袱紗・ペンケース・ジュエリーポーチ・名刺入れなど、京友禅でお作りした様々なオーダーメイドも承っており、「好みのデザイン」「他にはない自分だけの」引き出物や記念品をお考えの方、企業様におすすめです。

【富宏染工株式会社】では、日本の自然観や美意識が凝縮された京都の伝統工芸、京友禅の伝統を時代にあった洗練や創造性をもって引き継いでいきたいと考えております。希少となった伝統の技と現代の感性で製作するオーダーメイドの商品をぜひご利用ください。

着物姿で「はんなり」~和装着用時の美しい所作について~

着物姿で「はんなり」~和装着用時の美しい所作について~

京言葉に「はんなり」という言葉があるのをご存知でしょうか。「はんなり」はもともと「華あり」が変化したと言われ、「華やかさとそこはかとない上品さ、優雅さ、奥ゆかしさが漂う様子」を意味します。

京都で「はんなり」という言葉がよく使われるのは、舞妓さんや芸妓さんなど着物を着る女性が多く、呉服文化が進んでいる影響があるのでしょう。

着物で所作や袂、帯に気を配りましょう。さりげない気配りは姿・所作を美しくさせ、汚れ防止にもなります。ここでは、和装着用時の美しい所作についてご紹介いたします。

立ち居振る舞い

立っている時は少し内股に、歩く時は歩幅を狭くして足元が開くのを防ぎ、階段の上り下りの際は、右手で上前と下前を5センチほどつまんで持ち上げ、つま先で歩きます。座る際は、右手で上前を少し引き、左手で太もものあたりを前から後ろに撫でて膝裏のたるみをなくし、浅く座ってつま先を揃えると美しい姿になります。

食事

和装での食事の際も、様々なマナーがあります。たもとが長いため、うっかりするとひっかけたり、汚してしまったりする方も珍しくありません。着物を汚さないために、ハンカチを膝にかけておくと安心です。また、片手で袖口を押さえると、たもとが乱れず、腕がむき出しになるのを防いで上品な姿になります。

オーダーメイドの商品を京都でお探しの方は【富宏染工株式会社】へ

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/