十字
十字

京都でオーダーメイドの逸品をお探しなら~着物の格について~

京都でオーダーメイドの逸品をお探しなら~名刺入れ・タンブラーなどは記念品としても最適~

京都でオーダーメイドの逸品をお探しなら~名刺入れ・タンブラーなどは記念品としても最適~

京都でオーダーメイドの逸品をお探しでしたら、京都市中京区にある【富宏染工株式会社】へご相談ください。京都の伝統工芸品である手描き京友禅の専門店です。着物や帯をはじめ、クラッチバッグや名刺入れ、ペンケース、タンブラー、扇子などの小物や雑貨も多数取り揃えております。

中でも小物類は、企業様の創立や周年の記念品としても最適です。京友禅独特の色使いや模様は、日本の美意識を感じさせ、使用しているだけで心地良さをもたらします。

オーダーメイドも承っております。お好みや用途に応じてデザイン・カラー・ロゴなどをお申し付けください。商品に関するご質問やオーダーメイドのご依頼は、お電話もしくはメールで承っております。

シーン別で選ぶ着物の格式について

シーン別で選ぶ着物の格式について

着物には格があり、大きく分けて礼装と礼装以外に分類されます。礼装には正礼装・準礼装・略礼装、礼装以外には小紋・紬・浴衣などの外出着や自宅着などがあります。あまりこだわりすぎると楽しめませんが、知らないと不安なもの。ここでは着物の格式について少しご紹介いたします。

正礼装

正礼装の着物は、礼装の中で最も格式の高い着物で、振袖・黒留袖・喪服などがあります。一般的に結婚式や披露宴などの慶事では、未婚者は本振袖、既婚者は留袖を着用します。また、喪服は弔事の際に着用される黒無地の着物で、未婚者・既婚者の区別はありません。どちらも染め抜き日向紋を5つつけるのが決まりです。紋を実家か婚家にするかは、地方や家によって異なります。

準礼装

準礼装の着物には、色留袖・訪問着・色無地などがあり、未婚者・既婚者問わず、どちらも着用できます。色留袖は格の高い柄ゆきに染め抜き日向五つ紋をつけると、黒留袖と同格の第一礼装になり、三つ紋は重厚な準礼装となります。パーティーやお茶会、卒業式、入学式の他、ゲストとして招待された結婚式や披露宴にもピッタリです。

略礼装

略礼装の着物は、附下や江戸小紋などです。略礼装も準礼装や喪服と同様、未婚者・既婚者の区別はありません。カジュアルなおしゃれ着として幅広く着用できますので、一枚お持ちになると大変重宝します。また、附下訪問着という格としては訪問着のものもあります。「RITOFU」ではお祝いの席やカジュアルな席、どちらも活躍できる附下を多数お作りしています。

オーダーメイドの商品を京都でお探しの方は【富宏染工株式会社】へ

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/