十字
十字

着物・帯の仕立てについて

着物の仕立ての種類

袷(あわせ)仕立て

裏地のある着物を袷(あわせ)仕立てと呼びます。10月~5月に着用される和服の大半は袷仕立てで、裏身頃・裏袖・裏衿・裏衽(うらおくみ)は「胴裏」という生地を使い、それ以外の裾までの生地には「八掛」を使います。

単衣(ひとえ)仕立て

裏地をつけない仕立て方法で、6月や9月といった季節の変わり目によく着られます。夏の着物には絽や紗などの透ける生地を使うため、透け防止のために腰の部分に「居敷き当て」という布をつけて着用します。カジュアルなお出かけであればその日の気候に合わせて、5月や10月でも好きに着て構いません。

帯の仕立てには袋帯仕立てと名古屋帯仕立てがある

帯の仕立てには袋帯仕立てと名古屋帯仕立てがある

袋帯は袋状になった帯のことで、現在の帯の主流になっています。その歴史は古く、明治時代の正装用の帯である「丸帯」の代わりとして作られたのが「袋帯」です。

縫い目をなくすために袋状に織られており、裏地は無地の片側帯で締めやすいという特徴があります。袋帯は冠婚葬祭などフォーマルなシーンで着用することが多く、素材や柄の格式によって着物を選ぶのがポイントです。

名古屋帯には様々な仕立て方がありますが、名古屋帯仕立ては一番ポピュラーな仕立て方です。着物の前に来る部分を予め半分に織っており、右に巻くか左に巻くかで柄の見え方が変わります。着用が楽という特徴があるため、主にカジュアルなシーンに向いています。

着物オーダーメイドをお考えなら京都の富宏染工株式会社へ~成人式などの大切な日のお召し物に~

着物オーダーメイドをお考えなら京都の富宏染工株式会社へ~成人式などの大切な日のお召し物に~

着物オーダーメイドをお考えの方は、京都市中京区にある富宏染工株式会社にお問い合わせください。

手描き京友禅の専門メーカーである富宏染工株式会社では、多くの職人が丁寧に仕上げたオリジナル京友禅の着物をご用意しています。

大切な記念日に、世界に類を見ない多色使いで日本の美意識を表現する京友禅の着物を(京都で)オーダーメイドされてはいかがでしょうか。お電話やメールで日時を予約いただきましたら、成人式などのお召し物や記念品のオーダーなどをご案内させていただきます。

オンラインショップでは和・洋装どちらでも持てるクラッチバッグや髪飾りになるコサージュ、印象に残る名刺入れのほか、ジュエリーケースや扇子、袱紗、なども取り扱っております。一つひとつ手仕事で仕立てたオリジナル商品ですので、京都の着物をご覧の際は併せて小物もご覧ください。

京都で着物オーダーメイドなら富宏染工株式会社にお任せ!

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/