十字
十字

着物「染め」の魅力~京友禅~

京都発祥の染色技法「友禅染」

京都発祥の染色技法「友禅染」

友禅染は江戸中期に活躍していた扇絵師「宮崎友禅」が完成させた、京都発祥の染色技法です。それまで主流だった絞り染めに刺繍や箔を施す技法の着物は華やかすぎたため、奢侈(しゃし)禁止令によって豪華な織物や金銀摺箔の豪華な着物が禁じられていました。その中で、色鮮やかな図柄を描いた友禅染の美しさが評判を呼び、裕福な町人の間に広がりました。

絵画的色彩が濃く、自由な文様表現と豊かな色彩が特徴の京手描友禅ですが、現在も意匠考案・下絵・糊置・引染・挿し友禅など少なくとも20近くの多岐にわたる工程に分業化され、各工程ごとに専門の技術者(職人)が受け持っています。

専門の職人が各工程を担当

手描き友禅は各工程別に分業化されており、全工程が手仕事による一品作品を基本とします。染匠は作品制作の全般を統括し、はじめに構図・図柄・配色などを全て染匠が考案します。富宏染工株式会社では一般的な工程とは異なり、下記のような独自の工程で制作しているのが特徴です。

図案

打ち合わせを重ねて着物の柄になる図案を制作します。作品の良し悪しの大半が決まる大事な工程で、着物と同じ寸法の線を引いた紙に図案を描いていきます。

下絵

図案の模様を青花液で描いていきます。青花液は水に濡れると消えるため、下絵が残ることはありません。

糸目置

下絵に沿って、糸目糊を模様の輪郭に置いていきます。糸目糊を置いた場所は染まらないため、染色した後に洗い流すと白い線として残ります。手作業で行われ、細かい模様を描くには技術が必要です。

地入れ

採色する際、白生地の状態では色をはじいて塗りにくく浸透しないため、友禅の色を浸透しやすくするために行う工程が地入れです。地入れ液の濃度によって友禅の色の付着する度合いも変わるため、富宏染工株式会社では独自に調合しています。地入れ液は大きな刷毛で一反全てに引き、一晩自然乾燥させます。

挿し友禅・よけ染め

本来の友禅染は模様や細かい文様だけを先に友禅し、その後「から蒸し」をかけます。蒸しあがった後、模様のところに糊を置き(伏せ糊)、地の部分を「引き染め」する工程に入ります。しかし、この方法では友禅→から蒸し→伏せ糊→引き染めという工程を繰り返せねばならず、伏せ糊をのせた後の色が微妙に変色し、思ったような色に仕上がらないことや着物全体の配色を考える場合、多くの色の配色や微妙なグラデーションを考えにくいなどの欠点があります。

富宏染工株式会社では、染の作業をしながら自由に色の組み合わせ・バランスを考え仕上げていくために伏せ糊をやめ、模様を友禅した後、続けて地の部分も刷毛で染める手法をとっています(よけ染め)。

着物の地色は1~2色程度のものが一般ですが、上記の技法により富宏染工株式会社では何色もの地色を施すことを可能にしました。この方法は高い技術力が必要であり、弊社のように自社工房で職人を育てることができる環境でないと難しいと思われます。

地染め

染料を浸透させやすくするため、着物の地色を染めます。大きな刷毛を使って、ムラが出ないように染め上げます。

蒸し

乾燥させた生地を蒸気に当てて、地色を定着させます。蒸すことで染めた色が鮮やかになります。色によって時間や回数が異なり、濃い色を定着させる場合は数回蒸すこともあります。

湯のし

蒸気を当てて生地の風合いを柔らかくし幅を整えたり、しわを伸ばしたりします。何度も水洗いが行われると生地が縮んでしまうため、湯のしで生地の状態を整える工程が必要なのです。

金彩

金彩は、金加工とも呼ばれ、金箔や銀箔で装飾します。薄い金箔、銀泊を扱うのは非常に難しく、ここにも職人の技が光ります。友禅染をより華やかに表現するために行う工程です。

刺繍

京友禅の刺繍は、京繍(きょうぬい)といわれます。京繍の技法は、現在約30種類あり、伝統的工芸品として指定されているのは、繍切り、駒使い繍、まつい繍など15種類あります。

大まかな工程を紹介しましたが、このように京友禅は何人もの職人が時間と手間ひまをかけ、思いを込めて一つひとつ丁寧に仕上げています。

手描き友禅の美しさ~訪問着などの着物から小物雑貨まで手仕事で時間をかけて丁寧に制作しています~

手描き友禅の美しさ~訪問着などの着物から小物雑貨まで手仕事で時間をかけて丁寧に制作しています~

友禅染の訪問着・振袖・付け下げ・色無地といった着物全て富宏染工株式会社では職人の手仕事でおつくりしています。

手描き京友禅の様々なものが揃う専門店であり、すべてオリジナル商品です。ご希望を伺って着物とあう小物雑貨もご用意いたします。

友禅染の着物をお探しなら富宏染工株式会社へ

会社名 富宏染工株式会社
住所 〒604-8215 京都市中京区蛸薬師新町西入不動町175-9
TEL 075-221-2743
FAX 075-252-4835
URL http://tomihiro-yuzen.jp/