Slide Left Slide Right

手仕事の意味と価値 かけられる時間 細部にわたる技 わたしたちのつくるものは 多くの人の職が重なり 美しさは凝縮され ひとつとして同じものはありません

山紫水明と謳われる自然 古い町並み その中の職住一体のくらし 京都の中にある美しいよきものたち その精神性と美意識は、今も脈々と引き継がれています。

美しく聡明で凛とした芯の強さをもつ人に 京都の上質を足し 日々を豊かに彩るために。

京都の着物は 多くの人の手で仕上げられ 大切な人との思い出とともに 次代に引き継がれ 時を超えて繋がり 特別なものになっていきます

特別なおくりもの 大切なときのお召し物 記念品のオーダーなど ショールームや工房でお伺い致します。(あらかじめメールか電話でご連絡ください) お問い合せはこちら

私たち富宏染工は伝統的な手描京友禅で着物を作っています。

富宏染工では、色を一つ一つつくり
糊伏せをせず、細部に至るまで職人が刷毛で染め繊細なグラデーションで
独自の美しさ、世界観をもつものつくりをしています。

京都では長い歳月の中で「きもの」という文化を、
人から人へ大切に伝えてきたまちです。
そこには文化や伝統をささえてきた人々の技や暮らしがあり、
価値観があります。丹誠込めた手仕事。
宗教や伝統文化。丁寧な暮らし。

私たちはそれらが息づくものを
伝統を踏襲しながら時代にあった洗練や創造性をもって
引き継いでいきたいと考えています。